写真備忘録

長い歴史のなかで培われた人々の暮らしの知恵や自然を カメラを通して残したい

北惣門橋

松江城北惣門橋

江戸時代には内堀の東側にあった家老屋敷と城内を結ぶ重要な通路であったが明治中頃に石造りのアーチ橋に変わり眼鏡橋と呼ばれていた。
そこで史跡にふさわしい江戸時代の木橋とするため発掘調査や絵図文献等を検討の結果、復元完成した。

-
関連記事
  1. 2013/12/30(月) 13:26:45|
  2. ある日の風景

ブログ内検索

最近の記事

月別アーカイブ

ninja

リンク

このブログをリンクに追加する