写真備忘録

長い歴史のなかで培われた人々の暮らしの知恵や自然を カメラを通して残したい

転害門

転害門

東大寺は平城宮と並んで奈良時代を代表する史蹟であって、大仏殿(江戸時代)を中心として北方に大講堂跡、僧坊跡、食堂跡、正倉院(奈良時代)、南方に南大門(鎌倉時代)法華堂(三月堂・奈良時代)西方に戒壇院があって盛時の姿を忍ぶことができる。
境内もきわめて広大で平地部から山間部にわたり現境内よりはるかに広かった。西端は平城京の東京極路で現在の手貝通りに面しこれに沿って転害門(奈良時代)中門跡、西大門跡等がある。
関連記事
  1. 2013/10/31(木) 06:55:27|
  2. ある日の風景

ブログ内検索

最近の記事

月別アーカイブ

ninja

リンク

このブログをリンクに追加する