写真備忘録

長い歴史のなかで培われた人々の暮らしの知恵や自然を カメラを通して残したい

板取宿

越前への陸路は山中峠を越える古道と木の芽峠を越える北陸道だけであった。
柴田勝家が、天正六年(1578)栃ノ木峠の大改修を行って以来、人馬の往来は頻繁となり越前南端の重要な関門の地として板取宿を置いた。

-
関連記事
  1. 2013/07/20(土) 08:26:34|
  2. 街道

ブログ内検索

最近の記事

月別アーカイブ

ninja

リンク

このブログをリンクに追加する