写真備忘録

長い歴史のなかで培われた人々の暮らしの知恵や自然を カメラを通して残したい

牛窓燈籠堂

瀬戸内海を航行する船舶が頻繁となった延宝年間(1673~1681)に夜間通航の標識として備前藩主池田綱政の命により建設された。

-
関連記事
  1. 2013/06/24(月) 07:18:49|
  2. ある日の風景

ブログ内検索

最近の記事

月別アーカイブ

ninja

リンク

このブログをリンクに追加する