写真備忘録

長い歴史のなかで培われた人々の暮らしの知恵や自然を カメラを通して残したい

流転の茶室 「明々庵」

-

 大名茶人として知られる松江藩七代藩主松平不昧公によって1779年に建てられた。
 明々庵は、松江から東京原宿へ、そして四谷へと次々と移築を繰り返し昭和3年に松江の萩の台に里帰り、現代の地に移ったのは昭和41年であった。

所在地 島根県松江市北堀町278
関連記事
  1. 2012/12/26(水) 03:58:44|
  2. ある日の風景

ブログ内検索

最近の記事

月別アーカイブ

ninja

リンク

このブログをリンクに追加する