写真備忘録

長い歴史のなかで培われた人々の暮らしの知恵や自然を カメラを通して残したい

ひろしま

1945年8月6日午前8時15分17秒にアメリカ軍のB-29爆撃機「エノラ・ゲイ」が原子爆弾を投下した。
投下後、原子爆弾は上空約580メートルで炸裂した。

原爆ドーム




原爆炸裂後の建物は熱線に包まれ地表温度は3000度に達し350万バスカルという爆風圧にさらされたという。
この熱線と爆風により建物は3階建ての本体部分がほぼ全壊し中央のドーム部分だけは全壊を免れた。

原爆ドーム

枠組みと外壁や瓦礫などはそのままに保存されていた。
関連記事
  1. 2012/08/11(土) 07:09:50|
  2. ある日の風景

ブログ内検索

最近の記事

月別アーカイブ

ninja

リンク

このブログをリンクに追加する